お知らせ

「教育改革期におけるICT活用を考える会(東京会場)」開催のお知らせ[2018年10月27日]

 このたび、Classiは、ベネッセコーポレーションと共催で、「教育改革期におけるICT活用を考える会〜Classiを活用した生徒の「学力向上」 「主体性育成」の実践報告〜」を開催いたします。

 今回、Classiを効果的に活用されている、山梨県立市川高等学校(山梨県)、私立高槻中学校・高等学校(大阪府)の2校にご登壇いただき、ICTを活用した主体性の育成や学校指導の確立について、実践例を含めた内容をご発表いただきます。

 また、当社からは、学力向上、主体性育成に関するデータ分析結果をベースに、効果的なICTの活用方法をご報告するとともに、教育改革・大学入試改革を見据えた《ポートフォリオ機能》《学習動画機能》のリニューアル内容についてもご紹介いたします。

 教育改革・大学入試情報のご提供、先進校事例やClassiの活用事例を通して、各学校での学力向上、主体性育成などにお役に立てていただければ幸いです。

■概要
日時 2018年10月27日(土)13:30〜17:00
費用 無料(事前登録制)
会場 ベルサール渋谷ファースト
(東京都渋谷区東1-2-20 住友不動産渋谷ファーストタワー 2Fホール)
お申し込み方法 こちらからお申し込みください。
※締切:2018年10月26日(金)
■内容
第1部:「教育改革の情報整理と学校現場から伺う声」
第2部:「実践事例のご紹介」

●実践報告

 「学習のPDCAサイクルと基礎学力向上に向けたICT活用方法について」

  山梨県立市川高等学校 渡邊 布見え 先生

 「高校生の基礎学力の定着に向けた学習改善のための調査研究授業」の実践指定校として、
 高大連携改革に向けて主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)を推進されている学校です。
 今回は、主にClassiを活用した「生徒の基礎学力向上」に向けた実践についてご発表いただきます。

 「e-Portfolio、アクティブ・ラーニング、多面的・総合的評価の実践報告」

  高槻中学校・高等学校 前田 秀樹 教頭先生

 カリキュラムデザインの方針を策定し、新学習指導要領を見据えたカリキュラムの編成から
 高大接続改革を見据えた指導まで、新しい教育の形にチャレンジされている学校です。
 今回は、ICTを活用したアクティブ・ラーニングからポートフォリオ評価・活用について
 ご発表いただきます。

第3部:「学習指導・ポートフォリオ活用のポイントと教育改革に向けてClassiで支援できること」

  Classi株式会社

 全国のClassi活用校から学ぶ「成果につなげるICT活用方法」について、
 事例とエビデンスを示しながら、主に学習指導・ポートフォリオ活用事例についてご紹介いたします。

※今回の内容は、Classiの導入をご検討、ご利用されている方以外でも、ICT活用、
 アクティブ・ラーニングの実践例として、お役立ていただける内容です。
※都合により、一部内容が変更となる場合がございます。予めご了承ください。
※会場には、ベネッセコーポレーション、Classiの社員が参加いたします。
 閉会後にClassiの活用やICT活用方法についてのご相談も承りますので、お気軽にお声がけください。

以上

資料請求・導入に関するお問い合わせはこちら

Icon page top