受付中

GIGA時代におけるこれからの学校教育を考える会

GIGA時代におけるこれからの学校教育を考える会

 

生徒用端末の整備・運用ルールが校内議論の中心となり、ICT活用で実現したい生徒の学びに関する疑問やお困りの声をうかがう機会が増えております。

そこで、生徒用端末・ICTソフト整備の先にある学校の新しい学びのあり方について、学校経営を考える先生の視点に立って考えることを目的とした研究会をオンラインで開催いたします。
ICT活用で教員の意識改革・働き方改革等を実現し、自律的に学ぶ生徒の育成をしている学校の管理職先生にご登壇いただきます。

Day1では『教員の意識改革と働き方改革を両立し、ICTを活用して「個別最適学習」で主体的な生徒を育てるために』をテーマとして2校の私立高校の先生にご登壇いただきます。

※Day2は開催調整中です。

講演者ご紹介

埼玉県・私立】浦和学院高等学校 副校長 中熊 清次 先生

浦和学院高等学校は、全校生徒2,000名を超える埼玉県の私立高校です。

スポーツ面は甲子園常連の野球部を始め、様々な部活動で生徒が活躍をしています。学習面ではきめ細やかなご指導、ICT端末・ツールを活用して生徒1人ひとりに応じた個別最適な学びを実現し、年々進学実績を向上させています。

今回ご登壇いただく中熊副校長先生は、AIが学習のアシストを行うという新しい指導法を確立されました。ここ数年で「AI」に向き合うことで、生徒を楽しく伸ばすことができ、先生方はデータをもとに生徒を観察しコーチングすることができると考えています。

今回は数年前から導入を始めたAI活用の成果と、校内に変革をもたらすための学校運営について副校長先生のお立場からご発表いただきます。

講演キーワード

#入学後の学力向上 #コーチング #AI活用

 

 

大阪府・私立興國高等学校 校長 草島 葉子 先生・進学指導部長 髙橋 亮 先生

興國高等学校は、全校生徒2,300名を超える大阪府の私立高校です。

自らの長所を生かし世の中のお役にたつ人となる”オンリーワン教育”を礎に様々な学校改革を続け、年々進路実績も向上。

直近の進学実績では京都大学、大阪大学、和歌山県立医科大学をはじめとする国公立大学への合格者は100名を超え、有名私立大学にも多数進学しています。

一方でスポーツも強化して全国大会優勝や出場を果たし、日本を代表するプロサッカー選手やプロボクサーを輩出、就職や公務員の採用でも実績を出し、近畿圏のみならず全国から入学者が集まり毎年募集定員を上回る男子校です。

興國高校が実践する、ICTを活用しながら多様な生徒一人ひとりに光をあて、高い目標を目指して希望進路実現を目指す指導についてご発表いただきます。

講演キーワード

#進学実績向上 #端末整備から活用の流れ #教員の目線合わせ

こんな先生におすすめです

  • 校長先生
  • 教頭先生
  • 教育委員会ご担当者様
  • をはじめとして、学校改革を検討している先生・ご担当者様

開催概要

  • 日 時
    Day 1:2022年6月9日(木)15:30〜17:00
    Day 2:開催日調整中(7月開催予定)
  • 申込締切
    Day 1:2022年6月8日(木)18:00
  • 参加方法
    Webセミナー
    • 参加の際に、表示名の入力欄が表示されます。「学校名 名前」をご入力ください。
    • Zoom(ズーム)という、 PC・スマートフォン・タブレットで手軽に通話に参加できるビデオ通話アプリ/サービスを利用します。
    • ご利用には、アプリの取得がおすすめです。事前のご準備をお勧めいたします。詳しくは、Zoomのサイト をご確認ください。
  • 参加対象
    全国の高等学校・中高一貫校・都道府県/市町村教育委員会のご担当者様
  • 参 加 費
    無料(事前登録制)
  • 主 催
    Classi株式会社
  • お問い合わせ
    Classiイベント事務局(event@classi.jp)

その他ご連絡事項

  • 当日は、途中参加・途中退出が可能です。
  • Zoomを使ったオンラインセミナーとなりますので、ネットワーク環境につながるパソコン、タブレット、スマートフォン等でご参加ください。
  • プログラムの内容やタイムスケジュールは、予告なく変更となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  • 学校教職員ではない方、Classiの同業他社および個人でのご参加はお断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。