受付中

コロナ禍のメンタルヘルスケア対策 “明日使える” 生徒指導のポイント

【Classi × Welcome to talk 共催セミナー】
コロナ禍のメンタルヘルスケア対策
“明日使える” 生徒指導のポイント

 

長引くコロナ禍による休校やオンライン授業によって学びだけでなく友だちと過ごす時間も奪われた子どもたち。
環境変化や将来への不安の高まりから2020年小中高の自殺者数が最多を記録するなど、子どもたちのメンタルヘルス課題が顕在化しています。
こころの不調に関する対策は、学校現場においても急務課題となりつつあります。

 

来る6月25日(金)16時より、ICTを活用した学校向けメンタルヘルスケアサービスを提供する株式会社 Welcome to talkとの共催セミナー第2弾を開催します。
当日は、児童思春期のメンタルヘルスについて経験豊富な2名の医師をお招きし、押さえるべき生徒からのSOSと対応にてついて解説。
さらに保健室への訴えに多い「腹痛」を事例としたケーススタディも行います。
2022年度から新学習指導要領に加えられる「精神疾患」にも触れ、これからの学校現場に求められる生徒支援について考えていきます。

 

■ セミナー内容

  • コロナ禍で顕在化するメンタルヘルス課題とは?
  • 生徒のSOSサインとその対応
  • メンタルヘルスの基礎知識
  • ケーススタディー:「お腹が痛い」
  • 2022年〜高等学校の保健体育「精神疾患の予防と回復」とは?
  • ICTを活用したメンタルヘルスケア

 

■ 講師ご紹介

関﨑 亮 氏(株式会社 Welcome to talk 代表取締役社長/ 医師・医学博士)

群馬県出身。東邦⼤学医学部卒業後、研修医を経て学校法⼈に⼊職。学校経営に携わるかたわら、精神科の学校医として健康相談など、学校現場で保健教育・保健管理を実践する。現在、日本精神神経学術総会をはじめ各学会・セミナー等で講演を行う。2018年、株式会社 Welcome to talkを設⽴。小学校から大学までの学校法人を対象にこころの専門家に相談できる「オンライン健康相談」サービスを展開中。
専⾨領域:学校精神保健 / スポーツ精神医学(ジュニアアスリートのメンタルサポート)https://welcometotalk.co.jp/company

 

落 裕太 氏(株式会社 Welcome to talk専門家スタッフ / 医師(精神科医・消化器内科医))

東京都出身。東邦大学医学部卒業後、初期研修医を経て、同大学消化器内科入局。消化器内科の医師として勤務後、東邦大学医学部精神神経医学講座に入局。研修医時代から児童思春期のメンタルケアに携わる。2020年5月より、精神科専門医と消化器病専門医のダブルライセンスを持つ医師として久留米ヶ丘病院に着任。2021年4月から養護学校の校医も兼務。
専門領域:統合失調症 / うつ病全般
ブログ▶ https://welcometotalk.co.jp/blog/detail/9

 

開催概要

  • 日 時
    2021年6月25日(金) 16:00〜16:45
  • 参加方法
    Webセミナー
    • 参加の際に、表示名の入力欄が表示されます。「学校名 名前」をご入力ください。
    • Zoom(ズーム)という、 PC・スマートフォン・タブレットで手軽に通話に参加できるビデオ通話アプリ/サービスを利用します。
    • ご利用には、アプリの取得がおすすめです。事前のご準備をお勧めいたします。詳しくは、Zoomのサイト をご確認ください。
  • 参加対象
    全国の学校法人(教職員)、教育委員会の方
  • 参 加 費
    無料(事前登録制)
  • 主 催
    Classi株式会社、株式会社 Welcome to talk
  • お問い合わせ
    Classiイベント事務局

その他ご連絡事項

  • 当日は、途中参加・途中退出が可能です。
  • Zoomを使ったオンラインセミナーとなりますので、ネットワーク環境につながるパソコン、タブレット、スマートフォン等でご参加ください。
  • プログラムの内容やタイムスケジュールは、予告なく変更となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  • 学校教職員ではない方、Classi、Welcome to talkの同業他社および個人でのご参加はお断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。