QUEST EDUCATION SOCIALCHANGE

株式会社教育と探求社

  • アクティブ・ラーニング

「ソーシャルチェンジ」は、困っている人を助けて、笑顔にする企画を考えるプログラムです。生徒は、自ら見つけた社会課題に当事者として向き合い、その解決方法をチームで考え、企画にまとめ、プレゼンテーションをします。社会の一員としての自分の役割を認識し、自ら動き出せる主体性、世の中に新たな価値を生み出す創造性、一人ではできないことを周りの人を巻き込んで実現していく協働する力を育むプログラムです。

機能紹介

高い当事者意識で取り組める探究プログラム

生徒主導の授業が実現できるように構成されたワークブック、ワークシートを使い、興味をくすぐる問いや発言しやすい場作りを仕掛けることができ、生徒は自身の力で社会課題を見つけ、当事者意識を持ってその課題に取り組みます。

アニメーション動画教材も豊富

授業の要所に生徒の興味をひくオリジナルのアニメーション教材を用意しています。楽しくわかりやすい動画教材を活用することで、生徒への動機付けを行い、ワークの進め方への理解を促します。

教師向け指導ガイド/解説動画でサポート

授業を実施する心構えや事前の準備から、授業の中で実際に生徒たちにどういった声かけをしていくのか、どんなことを評価していくのか、細かく記載した指導ガイドと動画で授業の進行をサポートします。

導入事例

沖縄県立中部商業高等学校・普天間高等学校

「ソーシャルチェンジ」芽生える主体性、育まれる創造性と学習への意欲

昨年実施されたソーシャルチェンジの授業では、子供たちに目覚ましい変化が起こりました。先生曰く「3年間一言も話さないだろう」とされていた生徒たち同士が2コマ目の授業から活発な議論を始め、普段は寝てしまうことも多い生徒が積極的に授業に取り組み、すべての生徒が「誰かを笑顔にできる企画」を創り上げ、プレゼンテーションをしました。授業後には、同調圧力から自分が解放され、「自由」を心から感じたという言葉や、これからの人生を通して、誰かの笑顔を生み出していきたいという意気込み、そして学ぶことへの意義を実感したいという語りが見られました。

Copyright © Classi All rights reserved.